リンク集

答えの持ち主が移動

答えの持ち主である「顧客、社員、市民、生徒、部員」であることから、「彼ら本位のマネジメント」と、と言うことになるのでしょう。

持続化給付金に関する政府の2つのミス

持続化給付金事業をめぐり、支給事務の委託や外注が繰り返される不透明な実態が9、10両日の衆院予算委員会の審議を通じて明らかになった。

先が見えない時代での組織作り

情報が溢れ、だれでもが情報を元に判断できることから、答えを出す多くの人が下層化・分散化した。その「答え」収集が課題となります。

人は無限の可能性を持っている

人は無限の可能性を持ち、答えはその人の中に有るが、眠っているような状況にあります。その眠っている状態を起こしてあげることがかだいです。

質問のスキル

人は皆、無限の可能性を秘めているが、その答えは眠っているようなものです。その眠りから目を覚ましてあげるのが質問(問い)です。